2015年11月24日

税金逃れをするIT企業

(Facebook, 2015.11.24から転載)

 Google, Apple, Twitter, その他、先進的なIT企業は我々の知的生活を豊かにし、我々はいろいろな恩恵を受けている。しかし、多くのIT企業ほかの多国籍企業は(税金のかからない)タックスヘブンに本社を移すなどして、税金逃れをしている。昨日(11月23日夜11時放送)のNHK BSプレミアムでは、Apple その他のIT企業がアイルランドに本社を移し、税金逃れをしている実態が詳しく紹介された。
 アイルランドでは、経営部門がない限り企業は課税対象にしないということで、Appleなどは、経営部門を米国におき、本社をアイルランドに置いて税金逃れをしている(社員は女性たったひとりだけ!)とのことである。
 IT企業がひしめくサンフランシスコでは、IT関係の大企業の「給与税」を免除しているとのことある。(免除しなければサンフランシスコからでていくと脅迫/所得税をとれなくなることをいやがり、市は「給与税」を免除することを選択)。
 IT企業の社員は、給料が高いために、サンフランシスコ(シリコンバレーなど)では高級住宅や高級マンションがどんどん建設され、それまでその地区のマンションに住んでいた住民はマンションの家賃が高騰したため払いきれなくなり引っ越しせざるを得なくなっている。また、路上生活者も増え、貧富の格差が急拡大している
大規模な多国籍企業の増加により、この現象は世界中で起きている。たとえば、ユニクロの子会社が中国(の一部?)でブラック企業化したように、弱い立場の人を犠牲にすることによって安い商品を生産し、世界中の消費者が恩恵を受けているのである。我々が受けている恩恵は多くの人々の犠牲の上になりたっているのを知らずに・・・。
 Facebook も・・・!? Facebook の悪口をたくさん書いたら、facebook は使えなくなるのだろうか・・・!!?
posted by russellian-j at 11:05| Comment(0) | TV特集番組